Case03.担当者が自作していた業務ツールを統合、より使いやすいシステムへ

プロジェクト事例03イメージお客様のビジネスにプラス!
  • 分散していたデータが統合され、利活用されるようになった
  • 手作業で行っていた業務をシステム化し、作業ミスが大幅に軽減した
  • 業務ツールのブラックボックス化を回避した
  • 担当者が常日頃から「ほしい」と思っていた機能が追加され、業務の利便性が向上した

開発メンバーの声

 お客様先の情報システム担当者と共に、エンドユーザとなる業務担当者のご要望を聞くことからプロジェクトがスタートしました。
 これまで利用されていた業務ツールの仕様で曖昧な部分があったこと、また、エンドユーザのご要望が多く、切り分けや実現方法の検討に時間がかかり、大変厳しいスケジュール進行となりましたが、無事納品に至りました。
 当システムで利用した言語は開発経験がなかったものの、これまでに多くの言語や開発経験がありましたので、問題なく参入することができました。