社員インタビュー画像

 

システムの土台を創る仕事

 父の職業柄、幼い頃から自宅にパソコンがありました。(Windowsが誕生するずっと前、PC9800シリーズが全盛期の頃です)
 プログラミングのサンプルテキストを見て、簡単なゲームを作成したりして遊んだり・・・そのまま成長してSEを志すようになりました。

 現在はインフラエンジニアとして、基盤リニューアル業務に従事しています。
 インフラというと、電気・水道・ガスといった社会基盤を思い浮かべますが、システム開発における基盤、例えばネットワーク回線やサーバ、ストレージ、OSといった土台となる部分を設計・構築するのが私の仕事です。
 自分のチーム内はもちろん、アプリ開発チームとの連携や調整が重要ですから、丁寧なコミュニケーションと対応が必要となります。

社員インタビュー画像

 

今までの自分との答え合わせ

 入社6年目頃から、プロジェクトリーダーを任されるようになりました。
 自己流でプロジェクトをまとめ、時には体力勝負で乗り越えてきたものの、納期的にとても厳しい局面に立った事がありました。
 その時、先輩社員がサポートに入って立て直しを図ったのですが、お客様との交渉やプロジェクトメンバーとの関わりなど、色々なやり方があるのだと感じました。大変でしたが、今までの自分と照らし合わせて見直すべき点もあり、サポートしてくださった皆さんには本当に感謝しています。

 今後は、LPIC(Linux技術者認定制度)にチャレンジし、知識をより確かなものにしたいですね。
 週末などに、少しずつ学習を進めたいと思います。

 

業務経歴

1996年 04月
入社。専門学校で一通りの知識を身に着けていたため、即戦力として現場にオペレータとして配属されました。
サーバ系の開発プロジェクトに参加している同期が多く、焦りを感じていました。
2002年 04月
公共系財務会計システム更改プロジェクトにプロジェクトリーダーとして開発業務に携わりました。
自分が行う業務が多く、常に忙しい環境でしたが、やりがいを感じました。
2003年05月
公共系給与システム維持管理~システム更改プロジェクトまで、以降10年近く携わりました。
2011年 05月
公共系財務会計システム更改プロジェクトでプロジェクトマネージャを担当。
スケジュール的に厳しい中、会社からのサポート(増員)もあり、無事プロジェクトを完了することができました。
2014年 05月
開発業務より基盤業務に移行。基盤担当として、基盤構築と管理に従事。
所属する事業部では、開発と基盤の両方を担当できるメンバーが多いです。
2015年 01月
システム更改に伴う基盤リニューアル業務でプロジェクトマネージャを担当。
アプリ開発チームとの連携やチーム内へのフィードバックなど、円滑なコミュニケーションに尽力します。

ある日のスケジュール

9:00 出勤。週明けはミーティングが多いため、しっかりと段取りを行います。
9:30 プロジェクトミーティング。メンバーと内部課題と今週のマイルストーンの確認を行います。
10:30 席に戻り、次の打ち合わせの準備。緊急性が高い、影響の大きい事項はメンバーに即時フィードバックします。
11:00 東京のアプリケーション開発チームとTV会議。共通課題の確認や問題提議、進捗確認を行い、情報を共有します。
12:00 昼食。
13:00 午前中のミーティングのまとめ。エビデンスとして漏れがないよう、経緯も含めて議事録を作成。
14:00 設計・テスト業務のフォロー。状況に応じて、自ら対応することもあります。
15:00 お客様との内部ミーティング。午前中のミーティングを踏まえ、進捗等について報告を行います。
16:00 議事録の作成。今日中に完成、確認に回せるよう進めます。
19:00 退社。翌朝に会議がある場合は準備をして帰宅します。
帰宅後 週に2~3日はジムに通っています。他はランニングやロードバイクなど、アクティブに過ごしています。