先輩社員の声

OJTを終え、現場で活躍中の若手社員に新入社員研修の印象を聞きました。

社員インタビュー画像

 
受講者のレベルにあわせた演習問題など、細やかな研修内容

 集合研修で印象に残っているのは、既成のテキストだけではなく、自分の習熟度にあわせて講師の方が演習問題を出題してくださったことです。
 テキストが基本的な内容で学生時代に既に学んだレベルだったため、早々に終わってしまったのですが、臨機応変に対応してくださったので驚きました。
 また、日報などを通して、文章の体裁や表現方法なども丁寧に指導いただきました。
 実際に現場に出てみると、お客様への調査結果の報告や改善案の提示、業務報告など文書の作成をする機会が多く、とても役立っています。

 トレーナーによる丁寧な指導

 OJTでは、トレーナーの元でJavaやVisual Basic .NETなどの言語を学び、社内システム(旅費管理システム)の開発に参加しました。
 プログラミングの指導では、トレーナーによる添削で細かい部分まで丁寧にチェックして頂きました。
 自分が作成したプログラムでも動くのですが、そうではなく、汎用的で実運用や将来性を考慮した書き方をしなければいけない、そういった考え方や知識を身につけることができ、よかったと思います。

SEを目指したきっかけは何ですか?
「学ぶこと」と「人と関わること」が好きだったからです。人と話すことは少し苦手なのですが、それも含めて成長したいと思っています。
トレーナーや先輩社員の印象は?
明るく気さく(芯はとても真面目!)な方が多く、仕事以外の相談にのっていただくこともあります。
どんな人がSEに向いていると思いますか?
向上心が強い人、人と話をすることが好きな人です。PCの前で黙々と仕事をこなすイメージを持っていましたが、実際は一日を通して人と話をする機会がとても多かったです。
どんな資格を持っていますか?(合格のコツを教えてください)
ITパスポート、基本情報技術者、応用情報技術者を学生時代に取得しました。
過去問題の反復と、選択問題では消去法できちんと絞り込める知識を身に着けることがポイントだと思います。
今後はデータベーススペシャリストや情報処理安全確保支援士にチャレンジしたいです。
プライベートはどのように過ごしていますか?
TRPG(Table Talk Role Playing Game)が趣味で、休日は仲間と集まってゲームをしたりしています。
ゲーム機のRPGとは違い、人と対面で話をしながらゲームを進めていくのが面白いです。