staff01

社員インタビュー

Interviews

Hideyuki Osaki

Project Manager

2000年入社
情報科学科卒

どうすれば要望を実現できるか考える

 7月に管理職となり、現在はプレイングマネージャとして管理業務にも従事しています。
 今まではSEとして、プロジェクトの中でお客様や開発メンバーと関わり、課題や要望に対応してきましたが、マネージャとなると組織全体を見通した考えや行動が必要となってきます。

 例えば、お客様から相談や要望をいただいた時、「技術的に難しい」、「時間的に厳しい」と不安要素が頭をよぎると「それはちょっと・・・」と二の足を踏んでしまったり、「無理です」と即答してしまいがちです。しかしながら、どうすれば実現できるのかを能動的に考え、行動できるようなSEであってほしいですし、そのような組織にすべく、リードしていきたいと考えています。

新技術にチャレンジできる土壌をつくりたい

 入社後、数多くのプロジェクトに参加し、経験を積みました。
 お客様が他社と契約し進めていたWeb開発があったのですが、「品質が悪く困っている、アローさんお願いできないですか」と打診をいただきました。いつから利用したい、という明確な期日があり、余裕のないスケジュールでした。
 従来の倍のスピードで進捗を進める一方、品質を維持するためにテストを徹底し(優秀なメンバーが多かったこともあり)、無事納品することができました。結果、お客様から表彰いただくような成功プロジェクトとなり、その後も良い関係を継続しています。

 プロジェクトは数か月単位で完了するケースが多く、その都度、開発に必要なスキルや業務知識、人間関係を築きます。
 ですから、女性が育児休業を取得後、復帰する場合もあまりブランクを感じることなく業務に就くことができるのではないかと思います。

 今後は・・・AIやIoT、VRやARといった新技術に興味を持っていますが、そういったことにチャレンジできる土壌をつくりたいですね。
 そのためにも、まずは組織力の向上に力を入れたいと思っています。

業務経歴

2000年4月

入社

社内でのOJT後、顧客先で維持運用プロジェクトに参加しました。
当時、流行っていた薄型ノートPCを支給され、嬉しかったのを覚えています。

2001年5月

新たなプロジェクトに参加

膨大な設計書作成を経験。
設計書(ドキュメント)の作り方を学びました。 以降、プロジェクトリーダー的な役割を担い、経験を積みました。

2011年11月

プロジェクトマネージャを担当

Web開発プロジェクトでプロジェクトマネージャを担当。
開発マネジメント力が評価され、顧客より表彰状をいただきました。

2016年3月

新たな環境へ

入社以来16年近く携わった顧客とは別の顧客を担当することに。
新たな環境での発見や気づきもあり、日々、マネージャとしての意識の向上に努めています。

ある日のスケジュール

9:00

出勤

メールをチェックし、当日のスケジュールの確認を行います。

9:00
10:00

現場訪問

各チームのメンバーと面談し、状況を確認。問題や課題が発生している場合は解決に向けてアドバイスを行ったり、担当営業と連携してフォローを行うこともあります。

10:00
12:00

昼食

同じ部のメンバーで定食屋に入りました。 海に近い環境で育ったせいか、肉より魚が好きです。

12:00
13:00

開発業務

開発を進める傍らでプロジェクト管理システムや旅費申請システムをチェックし、事務処理も行います。

13:00
18:00

要員面接対応

ビジネスパートナーから提案のあったSEの面接に同席。

18:00
20:00

業務終了

メールと社内ポータルサイトをチェックし、急ぎの案件がないか確認。
上司や同僚、お客様などと飲みにいくこともあります。(特に年末年始はそういった機会が多くなります)

20:00